2013年06月23日

VFC G36K

Plumです。

VFCのG36K GBBを購入しました。


G36系は持っていなかったのですが、次世代電動ガンはボルトストップがかからないとか、いろいろと「足りない」ので購入していませんでした。
で、GBBに良い季節にもなってきたし、作動性の評判も良いようなので、GBBのG36を購入することにしました。
モデルについては、G36Cだと短過ぎてライフルというより大型のSMGに見えるので、フロントが長めのG36Kにしました。
(アンダーレールは邪魔なのではずしています。)

もともとが樹脂パーツ主体の銃ですが、M4に比べてとても軽いです。
(でも、GBBなのでマガジンだけは重い)

作動性は評判どおり非常に良好、集弾性は室内の距離なのでよく分かりませんが、安定しているようです。
とりあえずはお座敷用なので、長距離の集弾性はあまり必要としていません。


オープンボルト状態です。
ボルトは未着色で地の銀色のまんまです。
チャンバーも同様に未着色の銀色です。
ボルトのストロークはちょっとだけ短めのようです。


「SF銃」だとかよく言われていますが、確かにこのデザイン、シルエットだけなら「新しいガンダムのビームライフルだよ」といわれても納得してしまいます。
(マガジンが刺さっていると、さすがに実体弾の銃に見えますが...)


特にこの大型ハイダーなんて、いかにもなカタチです。
昔、G11をレールガンに仕立てた映画があったと記憶していますが、G36も光線を合成するだけで違和感無くレールガン、ビームライフルになりそうですね。

それにしてもマガジンが大きい。
連結用の突起のせいもあって、M4系のポーチでは収まりません。
7.62mm用のポーチとも縦横の比率が少し違いますし、ちょっとドイツ軍装備についてググッて、どんなポーチを使っているのか調べないと。





同じカテゴリー(レポート)の記事画像
エバグリフィールド最終ゲーム
今日の昼食
VFC UMP.45
1月定例ゲーム
CQB研究会
CQB研究会(丙種、乙種同時開催)
同じカテゴリー(レポート)の記事
 エバグリフィールド最終ゲーム (2014-12-14 22:58)
 今日の昼食 (2014-11-23 18:58)
 VFC UMP.45 (2014-01-19 00:34)
 1月定例ゲーム (2014-01-13 15:23)
 CQB研究会 (2013-12-23 12:32)
 CQB研究会(丙種、乙種同時開催) (2013-10-20 14:24)

Posted by Plum  at 19:32 │Comments(0)レポート

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。