スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2015年03月23日

トレーニング用ターゲット

Plumです。

CQB研究会でのトレーニング用の新しいターゲットが形になってきました。

現在使用しているターゲットには、以下の欠点がありました。
・木製のため、分解/組立を繰り返すとネジ山がつぶれて柱の固定が甘くなる。
・ターゲットの高さは柱の組み立て時に確定しており、高さを自由に調整することができない。

これを解決するため、フィールドから回収していたパイプを使用した新しいターゲットを考えていました。

基本デザインはSASCで使用していたターゲット用のスタンドで、1本の柱を十字の足で支えます。
しかし、可倒式ターゲットの使用を考慮すると、スタンドがターゲットの中央を通るデザインは使えません。
かといって、ターゲットの左右に柱をつけるデザインにすると、スタンド部分が大きなものになってしまい、普通の車では運べなくなってしまいます。

そこでひらめいたのが、可倒式部分に干渉しない程度に柱を横にずらす方式でした。



もう一つの課題であったターゲットの高さの変更の自由度についても、
横棒を支えるジョイントを接着なしで固定できるタイプにすることで対応しました。
左右に横棒を張り出させれば、1本の柱に高さ違いで複数のターゲットを設置することもできます。



スタンド部分の具合を見るため使用済みのターゲットにジョイントを直接取り付けていますが、実際にはターゲットの裏打ちになるベニヤ板に取り付けることになります。
細かいところは、トライ&エラーで改良を繰り返していきます。
  


Posted by Plum  at 00:56Comments(0)装備