2013年06月23日

VFC G36K

Plumです。

VFCのG36K GBBを購入しました。


G36系は持っていなかったのですが、次世代電動ガンはボルトストップがかからないとか、いろいろと「足りない」ので購入していませんでした。
で、GBBに良い季節にもなってきたし、作動性の評判も良いようなので、GBBのG36を購入することにしました。
モデルについては、G36Cだと短過ぎてライフルというより大型のSMGに見えるので、フロントが長めのG36Kにしました。
(アンダーレールは邪魔なのではずしています。)

もともとが樹脂パーツ主体の銃ですが、M4に比べてとても軽いです。
(でも、GBBなのでマガジンだけは重い)

作動性は評判どおり非常に良好、集弾性は室内の距離なのでよく分かりませんが、安定しているようです。
とりあえずはお座敷用なので、長距離の集弾性はあまり必要としていません。


オープンボルト状態です。
ボルトは未着色で地の銀色のまんまです。
チャンバーも同様に未着色の銀色です。
ボルトのストロークはちょっとだけ短めのようです。


「SF銃」だとかよく言われていますが、確かにこのデザイン、シルエットだけなら「新しいガンダムのビームライフルだよ」といわれても納得してしまいます。
(マガジンが刺さっていると、さすがに実体弾の銃に見えますが...)


特にこの大型ハイダーなんて、いかにもなカタチです。
昔、G11をレールガンに仕立てた映画があったと記憶していますが、G36も光線を合成するだけで違和感無くレールガン、ビームライフルになりそうですね。

それにしてもマガジンが大きい。
連結用の突起のせいもあって、M4系のポーチでは収まりません。
7.62mm用のポーチとも縦横の比率が少し違いますし、ちょっとドイツ軍装備についてググッて、どんなポーチを使っているのか調べないと。
  


Posted by Plum  at 19:32Comments(0)レポート

2013年06月17日

CQB研究会(丙種、乙種同時開催)

Plumです。

15日は、CQB FIELD BUDDYさんで行われたCQB研究会(丙種、乙種同時開催)に個人で参加してきました。
参加人数は約20名と、今回も盛況でした。

今回は、乙種様に持ち込んだ可倒式ターゲットが、予想外に好評でした。
元々がシューターである私は、ペッパーポッパー等で慣れているので珍しくないのですが、当たると倒れるというリアクションがあるのが、ゲーマー系の方々には新鮮だったようです。
また、実際にルームエントリーのターゲットとして使用してみると、一体ずつの「倒した」という感覚が強く感じられ、テンションが上がりました。
さらに倒したターゲット/倒していないターゲットが一目で分かるので、バディの撃ち漏らしをとっさにカバーするなど、よりリアルなシチュエーションでのトレーニングが出来ました。
シューターの目線で見ると、さらにノーシュート・ターゲットを追加すると「ターゲットの識別」という要素が加わってトレーニングの難度を上げられるかとも思うのですが、サバイバルゲームに「人質」はほとんど無いので、それはちょっとやりすぎかもしれません。

またシューティングタイマーを用いてのタイムアタックを行われましたが、コースが長すぎたのと、他の人には撃っているところが見えないためか、4月に比べてまったく盛り上がりませんでした。
次に機会があれば、他の人にも撃っているところが見えるような形で、もっと短いコースを組んでみようと思います。

ルームエントリーでタイム計測をしてみるのも面白いかもしれません。
一人でのタイムと二人でバディを組んでのタイムでどれほどの差が出るものなのか、なかなか興味深い所です。
午後のトレーニングは、残念ながら雨がひどくなってきたため、途中から屋根のあるシューティングレンジでの内容に変更され、ルームエントリーのタイム計測は行われませんでした。

私は、レンジでのトレーニングに移ってから集中が途切れてしまったのか、マガジンの装填を忘れたり、銃口管理が雑になったりしてしまいました。
疲れか、悪い意味での「慣れ」が出てきたのか、もっと緊張感を持ってやらないと。

参加された皆さん、お疲れ様でした。




で、4月末の通常戦のときに見かけたツバメのつがいですが、しっかりと居着いていました。
以前に比べて、随分とふっくらしている気がします。

  


Posted by Plum  at 00:24Comments(0)レポート

2013年06月09日

6月定例ゲーム

Plumです。
9日は、6月の定例ゲームでした。

今回は50名超の参加者で、通常のフラッグ戦(平原無し)×2、通常のフラッグ戦(平原有り)×2、メディックありのフラッグ戦(平原有り)×2、通常のフラッグ戦(平原有り)×2の8ゲームが行われました。
一日中曇りだったおかげで、温度が上がりすぎることは無く、誰も倒れることも無くゲームを楽しむことが出来ました。
(それでも、スポーツドリンクはガブ飲みしていましたが。)



ゲームとしては、メディック戦が結構盛り上がりました。
ルールは以下のとおりです。
・メディックは各チーム2名
・メディックが復活させられる負傷者の数は無制限
・メディックはヒットされたら復活できない。

各チーム2名ずつのメディックが負傷者の復活を行うわけですが、負傷者が出るのは主に最前線です。
メディックはヒットされると復活できないため、メディックの安全を確保するためには前線を上げて、負傷者の居場所を安全地帯にする必要があります。
また、相手側の負傷者を復活をさせないためにも、相手側のメディックが助けにこれないように前線の位置をコントロールする必要がありました。

私が属していた赤チーム側はベテラン(年寄りとも言う)が多かったためか、実にいい感じで連携して前線のコントロールを行い、フラッグゲットへとつなげていました。
負傷者の復活のために積極的に前線を上げたことが、結果として攻勢を強めることになったようです。
メディックは負傷者の復活に大忙しでした。

参加された皆さん、お疲れ様でした。
  


Posted by Plum  at 22:18Comments(0)レポート